[就活(正社員)失敗したら死ぬわ]という日本、就活が全てではない

「就職活動で失敗した(正社員になれなかった)もう終わりだ...」なんて思っている日本人は多いです

 

 

就職=正社員にとらわれすぎてしまっている日本人、いや、「正社員が全て」そう教え込まれてきた、きっとそうだろう。

 

 

それこそが、今のあなたを絶望の淵へと追い込んで、突き落とす...

 

 

今いきなり、正社員を目指す必要がないのです、そんなことしてるから時間とともに精神崩壊していく

 

 

失敗したなら、まずは別の方法で生活をしていく方法を考える必要がある。

 

 

本記事では、就活に失敗して「この先どうして良いのかわからなくなってしまったあなた」に向けて、「正社員以外の道をやり抜く方法と最終的に正社員を目指すために必要なこと」について、記事を書き進めています。

 

とりあえず最低限の生活を手に入れられれば、正社員に挑戦したいと思ったときに、挑戦できる余裕が出てくるので、まずは生活を手に入れよう。

 

[就活(正社員)失敗したら死ぬわ]という日本、就活が全てではない

「就活失敗したら生きていけないからもう死んだほうがましだ」というのは絶望の淵に立たされている証拠。

 

 

ただし、それと同時に周りを冷静に見られていない証拠でもある。

 

 

正社員以外の道が負け組だ、そう教え込まれている我々はそう思うのも無理はない。

 

 

正社員以外の道を選ぶことは、今のあなたにとって屈辱かもしれませんが、世の中「正社員じゃなくてよかった」という人だっているのです。

 

 

現にこの記事を書いている私が「正社員から抜けて良かった」と思っている人間です。

 

 

あまりにも「理想」と「現実」がかけ離れている正社員、無理して今追い求める必要があるとは言えない....

 

正社員の「理想」と「現実」を理解する

 

今あなたはこのように思っていませんか?

 

「就活(正社員)に失敗したから自分に価値がない」

 

 

正社員になれれば安定だよね、この言葉、おそらく一度は聞いたことがあるのではないか。

 

 

安定とはどのようなことに対しての安定だと認識しているのだろうか?

 

 

お金が毎月これだけ入ってくる、仕事がなくならない、これが皆が思う安定を意味しているのだろうか

 

 

なら、毎月いくら入ってくることをあなたは理想としているのだろうか?

 

 

毎月20万円、25万円、30万円、言い方が荒いかもしれないが、この程度でいいなら正社員にこだわらずアルバイトでも、個人事業主のフリーデリバリーでも全然稼げる額だ。

 

 

何が言いたいかというと、「値段で安定を決めているのであれば、正社員になる必要はない!」ということ。

 

 

通常の正社員が稼げる月収は、アルバイトや個人デリバリーでも全然稼げる額」だということを理解しておくと、正社員にこだわる必要がない、そう思わないだろうか。

正社員メリット
・福利厚生 ボーナス支給、有給休暇制度、産休制度等
・税金関係を会社でやってくれる
・失業による失業手当の支給等
しかし現実、「あなたがいないと回らない」と、なかなか有給休暇を取れない、またボーナス支給が今年はない、なんてざらにあるのが現状。
本来であれば有給申請を出して会社が応じない場合は、会社側に6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性があるとのこと。
会社側も労働者がもっと気軽に有給を消化できるような体制をとるべきなのに、労働者からとれるような状況じゃないと思われているのは、会社体制を変えていく必要があるのではないだろうか。
現実問題、有給消化できずなくなっていくなんてことがあるということ。
理想と現実が違うというのはこれだけでもわかるだろう。
※あくまでも一部の会社でそういった会社もあるということ
それを踏まえたうえで、上記に該当するのが欲しい、「これこそが正社員が安定だ」という人は、正社員を目指してみるのもいいのではないでしょうか。
ただ値段だけで正社員は安定だと思っているのであれば、正社員を目指す必要はないです。
まず「正社員とはなんぞや?」という部分を理解しておくことが大切。
それでいて必要ないと思えばこの段階で正社員になるという手段は消える。

 

 

私自身は、別業種の正社員からフリーでデリバリー配達に移行し、傍らネットで記事作成やサイト作成で収益確保に向けて、進めていっています。

 

 

会社雇用もフリーのフードデリバリーもですが、いつこの会社がどうなるかなんてわからないので、それであれば自分で稼げる能力を見につけたほうがよっぽど良いし、そこで身に着けて自らお金を稼ぐことが最も安定だといえる。

 

 

 

私にとっては、デリバリーで一生食っていくわけではないし、将来自分の技術で食っていくために「今自分が一番効率よく時間を取れる方法」最適な方法として選んでいるだけにしか過ぎないということ。

 

 

周りと比較をしてはいけない、自分に勝て!

正社員で働いていないとなぜか日本ではそういった人をたたく習慣がある。

 

 

バイトはやばすぎだろ!、正社員になれよ、バイトとか高校生じゃないんだから、早く安定した企業に勤めろよなど、バイトや個人事業主というものに対して批判的な人は多い。

 

 

私から言わせればそういった奴らは頭がかたすぎる!

 

 

みんな正社員だからそれが当たり前だと思ってそれを自分だけでなく他人にも強要しようとする。

 

 

結局は周りがそうだからという固定観念に縛られてしまい、それ以外のことに対して「批判ばかりをしてしまう無能な人間」だといってもいいだろう。

 

 

人生を楽しく生きる方法なんて正社員にならずとも沢山あるし、正社員が全てでもないし、正社員で安定だと思っている人もいるかもしれないが、その会社が倒産しないとも限らないし結局は雇われている以上その会社を自分でコントロールすることは雇われにはできない。

 

 

それだったらアルバイトでもいいじゃないか。

 

 

正社員以外の道でやる方法

正社員以外でお金を稼ぐ方法だってあるわけです。

・アルバイト、派遣等
・フリーのデリバリー
・自分の得意を活かす(ココナラ、ランサーズ等)

 

 

これらのほうが正社員より自由がきくし自分の時間も明らかに正社員に比べて作りやすい。

 

 

だからこそ正社員にこだわらなくてもいいし、これらでもっと自分がやりたい事、挑戦したいことに向けてやるほうが効率がいい。

 

 

それでいても、「絶対正社員になる!」というのであれば、それは応援しますし、そのためにいきなり挑戦するのではなく、まずアルバイトなどで最低限の生活を確保しながら、夢(正社員)に向けて挑戦すればいいのかと思います。

 

 

「正社員じゃなければ人生負け組み!」そういった人の話を本気で聞くと逆に人生損してしまう可能性もあるので、「こういった生き方(正社員にとらわれない生き方)をしている人も沢山いるんだ」という認識をしていただければと思います。

 

 

むしろ、これから自分の成功をつかもうとしている人、あらゆることに挑戦しようとしている人ほど、正社員と言う働き方を選ばない人が多いです。

 

 

正社員になると時間に縛れるし、会社のルールにも縛られますし、そこで「キャリアアップしてずっとやっていくんだ!」という人でなければなる必要がありませんし、そこにこだわるのも、そこにいるのも時間の無駄です。

 

 

結論:就活失敗しても生きる方法は沢山あるしむしろそっちのが楽しい

就活に失敗したからといって人生諦めるのはもったいないですし、正社員だから幸せでもなんでもないですし、むしろそれを機にバイトや自分の挑戦したいことに本気で挑戦するのもいいでしょう。

 

 

むしろ私自身の経験ですが5年間正社員で働いて思ったのが5年間を無駄にしたと...

 

 

結局5年働いても自由度がきくわけでもないですし自分でコントロールできるわけでもないですし、給料が爆上がりするわけでもないですし、やりたい事あるのに仕事でできない、と言う事が多かったです

 

 

仕事だから無理、という回答は何回もしてきました

 

 

しかし今になって正社員ってばかばかしいなというふうに気づいて正社員から抜け出せたと言うのはある意味自分の人生にとってかなりプラスに働いたと思っています。

 

 

正社員で「安定?(正気か...)」だといわれる人生を縛られながら送っていくか、自分の人生を自分で決めて全て自分でコントロールできる人生、あなたはどちらを選びますか?

 

僕は間違えなく後者を選びます!!!

 

 

 

 

 

おすすめの記事