ブログの記事執筆に時間がかかるから毎日継続できないという考え方

ブログ始めてみたものの記事を書くのに時間がかかってしまう...結局書いても2時間が限界で集中できずに作業終了。
これじゃ毎日更新どころか何日で1記事できるかと言うレベル。毎日記事を書いている人はどのくらいのスピードで記事を書いているのだろうか?

 

今回はこのような疑問に答えていきます。

 

本記事の内容
・ブログ記事は基本3000文字を1時間半で執筆します
・(手順紹介)僕がブログを書く流れ
・記事執筆に時間がかかるから継続できないは勘違い
・記事執筆に時間がかかる人の問題点と改善点
ただ、毎日記事を書いても適当に記事を書いてはただのゴミ記事になってしまうので、記事を書くならターゲットを絞って、その人に価値を与える、そんな記事を書くことでブログの収益アップを狙います。

ブログ記事は基本3000文字を1時間半で執筆します

どういったジャンルの記事を書くかによりますが、基本執筆のみで3000文字を1時間半、考察から見出し設定まで含むと2時間くらい。

 

始めは3000文字書くのに2時間以上かかってしまうかも知れませんが、全然構いません。

 

何時間かかってもいいのでとにかく書き終えることが大切です。

 

毎日書いているとだんだん記事を書くスピードやどういった構成で記事を書いていくのか?というのが自分の中でできてきますので、そうなると1時間半あれば3000文字はかけてしまうということです。

僕の場合3000文字:最初の頃5時間 今1時間半
マナブさん:最初8時間 今1時間半 ※本人が行っていました
誰もが最初から早く記事を書くことはできません。
今では日本でもトップに入るマナブログを運営されているマナブさんでさえも動画では上記のようだといっていました。
とにかくやり続けることで後から収益という結果も技術もついてきたとおっしゃっていました。
いきなり3000文字程度なら2時間あれば書けるよという人がいればやらない手はないです。今すぐやりましょう。
とはいえ、ただ文字数ばかりを気にして書けばいいというわけでもありません。
文字がかけても記事の内容が雑であったり内容がめちゃくちゃであるとかえってゴミ記事を量産してしまっているだけになってしまいます。
最初はとにかく書きまくると言う意味でやるのはいいかもしれませんが、本当に大切なのは文字数以上に中身だと(ユーザーファーストの理念)グーグルにおいてもユーザーファーストな記事を評価すると伝えています。

(手順紹介)僕がブログを書く流れ

僕がブログを書く流れはこうだ
・キーワード調査⇒ライバルチェック⇒記事の構想⇒記事作成

手順1.キーワード調査

キーワード調査が最も大切。

 

キーワード選定をミスってしまうと大手ライバルサイトとたたかってしまう可能性もありまず勝てません。

 

キーワードは大きく分けて3つ。

ビックキーワード・ミドルキーワード・ロングテールキーワード

 

左から順にキーワードが詳細になって行きます。

 

ビックキーワード:ニキビの1語、ミドルキーワード:ニキビ 治し方の2語ロングテールキーワード:ニキビ 治し方 おすすめの3語

 

こういった感じで右にいくにつれてキーワードが明確になっていくのがわかりますよね。

 

こうなることでユーザーが何を求めているのかが明確になります。

 

こういったロングテールキーワードにいくにつれてライバルも少なくなっていきますので始めはこういったキーワードから記事を書いていきます。

 

キーワード調査で僕がおススメするツールは2つ
・ラッコキーワード
・ウーバーサジェスト
ここの検索窓に実際にニキビ 治し方で検索をかけてみました。
すると3語キーワードがでてきました。
これがまさにロングテールキーワードでキーワードが明確になる分成約につながりやすいのでこういった3語キーワードを狙っていくといいです。
⇒ラッコキーワードはこちらから
⇒ウーバーサジェストはこちら

 

手順2.キーワードをググッてライバルチェック(30分)

2つ目はライバルチェックです。

 

実際にキーワードで検索したときに出てくるサイトが基本的にはあなたのライバルとなります。

 

このライバルサイトがどういった内容の記事を書いているのか、何を伝えたいのかなどある程度把握するとユーザーが求めている情報を知ることができます。

 

後はそれらを自分の言葉でまとめて価値をつけてアレンジしてあげることで独自の記事ができます。

 

もしキーワードでググッてみてそのキーワードでの記事がなければライバルサイトはいないということになりますのでそこに攻めればあなたの記事が上位表示されるということです。

 

ライバルが一杯いすぎる場合は時に避けることも大切です。

 

内容をみてこれよりもっと自分の方が良い記事かけそうというのであればライバルが多くても書いてみるといいです。

手順3.記事構成(タイトルから見出しまで)(30分)

記事構成はその名の通り記事を書いていく順番です。


1導入文2結論3理由4具体例5結論
こういった感じ。
まずは導入文で読者を惹きつけます。
読者は最初の2、3秒で記事を読むか読まないかの判断をします。
最初が勝負といっても過言ではありません。
最初ひきつけることができたらその先も基本的には読んでくれます。
導入文でひきつけられたら結論を言ってしまいます。
結論は長引かせてもそれは読者からしたらうっとうしいにすぎず離脱につながってしまうのでバシッと結論を書きます。
結論がかけたら、次にその結論にいたった理由もあわせて入れましょう。
そこでなるほど!という感覚を与えられたら尚よしです。
そこからはさらに結論に具体性を持たせていきます。
具体性を書くことで根拠が明確になります。
読者の想像を膨らませることができたら尚いいです。
そこまでいって最後にもう一度結論を伝えて締めるといった感じです。
こうすることでより読者にインパクトを与えることができます。

手順4.本文ライティング(35分)

記事の構成が完了したら後はそれにあわせて文章を書いていき時に自分の体験などをいれながら書くことで読者に付加価値を与える事にもつながりますので他のサイトと差別化できます。

 

ライティングでは常に自分ではなく読者目線に立って考えることで読者が欲しい情報を理解することができます。

 

あくまでも問題解決するのは自分ではなく読者です。

 

読者ファーストになって考えることで見えてくることもありますので読者目線で物事を考えることも大切です。

 

記事執筆に時間がかかるから継続できないは勘違い

記事執筆に時間がかかるからといって継続できないはただの勘違いです。

 

継続はどんなに時間がかかってもできるものです。

 

単純に自分がそこで諦めてしまうから継続できないのです。

 

やる!と決めたらやるまで寝ない!!それくらいの覚悟を持って取り組むことで必然的に継続できない!はなくなります。

 

時間がかかるから継続できないのでなくそこで諦めてしまうからできないという単純にマインドの問題だということです。

 

単純に勘違いということです。

 

強い気持ちの持ちと行動で継続できないと言う問題はなくなります!

朝起きたらまずはブログを書くという習慣をつける

継続できないよ!と言う人のためにおすすめしたい方法が朝起きたらすぐにブログを書くことです。

 

起きたらまずブログを書く癖をつける。

 

そうすることで必然と一日継続できなかったと言う日はなくなります。

 

ご飯も歯磨きも遊びもそれら全てはブログが終わってからと言う習慣をつけることで継続できないという日はなくなります。

記事執筆に時間がかかる人の問題点と改善点

問題点
・いきなり上手い文章を書こうと意識しすぎ
・いきなり記事作成に取り組む
・だらだらになりがち
改善点
・最初は質より量をこなす
・記事構成をしっかり練ってまとまってから記事作成
・朝起きてからブログ以外のことはしない

ブログの記事執筆に時間がかかる人の問題点

僕もそうでしたが初心者の頃からいきなり上手い文章を書こうとしすぎる人が多いです。

 

もちろん上手い文章が書ければそれほどいいことはありませんが、何も知らない人がいきなり上手い文章を書こうなんて無理です。

 

まずは質より数を求めて書きまくりましょう。

 

そうすることでだんだんとポイントがつかめてきます。

 

伝えるべきところを見極められるようになります。

 

後から何度でも記事の修正はできますので常にアップグレードする気持ちで今は質より量をこなすイメージでやるとより上達が早いでしょう。

 

上達が時間短縮への一番の道ですから。

 

これをみたらすぐに行動に移す事が大切です。

 

今すぐ取り組んで技術を手に入れましょう。

 

 

おすすめの記事