アフィリエイトASPを比較するな、迷わず全部登録するべき!
スポンサーリンク

アフィリエイトを始めるにあたってどのASPを選んだらいいのかわからず悩んでいる...どのASPがいいのか比較したい。各社を比較して最適なASPを選びたいなぁ~。

 

 

こういった疑問に答えていきます。

 

本記事の内容
・初心者こそアフィリエイトASPを比較しないで全部登録するべき
・初心者が取り組むべきASP案件や知識
このような流れで実際に僕が行っていた方法をお伝えできればと思います。
スポンサーリンク

初心者こそアフィリエイトASPを比較しないで全部登録するべき!

まず始めに、ASP全部に登録するべきです。

 

アフィリエイトで定番のASPサイト

・A8net
・アクセストレード
・もしもアフィリエイト
・afb

A8netはアフィリエイトで最大規模のASP

A8netはアフィリエイトASPの中でも最大級で、アフィリエイトに王道なASPと言えます。

 

自己アフィリをはじめ数多くの広告掲載もあり審査も比較的ゆるいことから利用者数も1番です。

 

アクセストレードは初心者に寄り添ったサービスが充実している

2つ目はアクセストレードです。

 

こちらは初心者の方に寄り添ったサービスがそろっています。

 

初心者に寄り添ったサービスの具体例
・最低支払報酬額が1000円から
・報酬にかかる振込み手数料が無料
・相談や提案をしてくれる担当者がつきやすい

 

アフィリエイトでのモチベーションが報酬発生ですが、ASPによっては報酬までのハードルが高いものや低いものがありますが、アクセストレードは報酬受け取りまでのハードルが他に比べて低いので、モチべ維持につながりやすいです。

 

またアクセストレードには担当者がつきやすいとお伝えしましたが、担当者がいると、稼げるジャンル・商品を教えてくれたり、サイト運営方法のアドバイスをもらえることもあるとか。

 

もしもアフィリエイトは個性的なサービスを展開

もしもアフィリエイトは他のASPとは違い個性的なサービスを展開させています。

・プレミアム報酬
・W報酬
・振込み手数料無料
・コンテスト参加
プレミアム報酬とは、新たに掲載した広告からの成果が一定金額以上承認された場合、運営側から支払われる追加の報酬です。
ボーナス制度的な感じで、モチベーション維持につながります。
また振込み手数料も無料で、さらにW報酬制度も兼ね備えています。
W報酬制度は月末の全報酬額に応じたボーナスを運営側が支払う業界初の制度です。
報酬は一律で、報酬の12%を追加で受け取れます。
例、100万円の場合プラス12万円受け取れ、合計112万円の報酬となる。
コンテスト参加とは、特定の商品やサービスごとにコンテストが開催され、そこで優秀賞や努力賞に認定されると報酬がもらえるというもので、自分の得意のジャンルであればぜひ思いきって参加してみてはいかがでしょうか。

afbは美容や健康ジャンルに特化しており自己アフィリで稼げる

afbは美容・健康ジャンルの広告掲載が沢山あり、まさにそういったサイトを運営しようとしている方にとってははずせないASPです。

 

また自己アフィリエイトができ、こちらは自分でその商品やサービスを購入しても報酬が発生する仕組みです。

 

自己アフィリで5万円から10万円は稼げます。

 

自己アフィリとはいえども報酬が発生するのはモチベーション維持にもつながりますのでぜひ利用してみてください。

アフィリエイト報酬は複数のASPから発生とより大きな収入に!

アフィリエイト報酬を大きくしていきたいなら1つのASP登録でなく複数サイト登録するといいです。

 

1つより複数のほうが明らかに広告案件数も多いです。

 

自分のサイトにはれる広告数が多いほど成果は出やすくなりますよね?

 

広告だってただ適当に何でもはれば言い訳ではなく、そのサイトにそった広告を張る必要があります。

 

1つのASPでは関連広告が少なかったりむしろジャンルによっては取り扱いがないASPもあります。

 

なので複数登録をすることでそういった問題を防げるのです。

 

 

初心者が取り組むべきASP案件や知識

初心者が取り組むべきASP案件知っておきたい知識

・案件選びのコツ、ネットで売れやすい人気商品を選らぶ
・アフィリエイターに必要な営業力と単価up交渉

案件選びのコツ、ネットで売れやすい人気商品を選ぶ

案件選びのコツは、ネットで売れやすい人気商品を選ぶこと。

 

なぜネットで売れやすい人気商品を選ぶのかというと、アフィリエイトもネット経由での取引なので、ネットで売れやすい商品は必然的にアフィリエイトしても売れるからである。

 

ネットでどういったものが売れるのか?を知っておく必要があります。

ネットで売れやすいもの
・美容関連(コスメ、化粧品、カラコン等)
・体験型サービス(プログラミングスクール、脱毛等)
・その他直接言えない悩みなど(性欲剤、コンドーム等)
とくに体験型サービスや人に言いづらい悩みなどを解決してくれる商品はネットで売れます。
体験型サービスに関しては、ほとんどネットで検索をかけて、おすすめを調べて見つけるのが主流ですし、性欲剤やコンドームなども直接お店で購入するのが気まずい人が多いので必然的にネットからの購入になります。
アフィリエイトをするのであれば自分の得意のジャンルで商品を宣伝していくのもいいですが、ネットで売れやすい商品やサービスが何かを理解したうえで戦略を立てるのが好ましいですね。

アフィリエイターに必要な営業力と単価up交渉

アフィリエイトで成果を挙げるためには、営業力(文章)が必要となります。

 

アフィリエイトは直接お客様と会って宣伝するものではないので、文章で上手くユーザーを広告へと誘導する必要があります。

 

的確な誘導と的確な配置に広告を配置しないとクリックから成約には結びつきません。

 

めちゃめちゃ上手い文章がかけなくても誘導と広告位置だけは適切にしておけば成約する可能性はあります。

 

どういった誘導の仕方があるのか?

 

①導入文
②結論
③補足
④まとめ
この書き方は基本的なやり方ですので抑えておきましょう。

導入文

ここは一番大事だといっても過言ではないと言えます。

導入文でユーザーは見るか見ないかを判断します。

ここの導入でいかに「その先も読んでみたい」という気持ちにさせられるかがポイントです。

何について書くのかと記事を読むことのメリットを伝えましょう。

ここを完結にまとめられれば次の結論へと進んでくれるユーザーは増えます。

 

結論

ここでバシッと結論を述べてください。

だらだらと引き延ばすのはやめてください。

ユーザーが離脱する原因になります。

 

補足

結論を伝えたところでさらに詳しく知りたい方のために結論に対して肉付けしていくイメージで補足情報を入れていきます。

なぜそのような結論に至ったのか、さらにはその結果に対するメリット・デメリットなどを加えていくとより具体性がましてユーザーが次の行動を起こしてくれる可能性も増えます。

 

まとめ

ここで最後に結論をもう一度書きます。

ユーザーに最後の一押しをしてあげることで、適切に広告が配置されていればクリックから成約という流れがつかめます。

 

最後に

アフィリエイトの報酬を伸ばすためには複数のASPを登録して幅を広げておくのと、記事の書き方の流れをつかんで最適な誘導と最適な位置に広告を置く事でユーザーは次の行動に移します。

しかし何度も言うように、ユーザーの悩みを解決できたというのが前提です。

 

ユーザーの悩みを解決した上でアフィリエイト広告を配置できれば初報酬も見えてきます。

 

全てはユーザーファーストです!!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事