楽な道を選んでしまう自分へ、楽な道に自分がなりたい姿はない!

楽な道を選んでしまう自分へ、楽な道に自分がなりたい姿はない!

自分にとって苦痛に出会ったとき、つい楽な道を選んでそこから逃げてしまう自分、もうやめませんか?

 

 

楽な道を選んで現状が変わる、そうだとしたら、それほどいいことはないだろう。

 

 

しかし、それで変わった人がいるのだろうか?

 

 

いない、そうだろう。

 

 

苦痛から逃れて、ついサボってしまう、これでは目の前の現実が変わるなどありえない話だ。

 

 

目の前の事柄から目を背けるか、向き合って乗り越えるか、どちらに向かうかで、あなたの人生は決まる。

 

 

苦痛から逃れることは簡単だ。

 

 

しかし、苦痛に立ち向かい乗り越えることは難しい。

 

 

誰もがわかっている、だからこそ、そこから逃げたい。

 

 

なら、逃げる人とそうでない人、その差はなんなのか?

 

 

その先に光があることを知っている人、またはその先に光があることを信じている人、その差だ。

 

 

多くの人間が、これをやったところで本当にそうなるの?と疑問を持つ。

 

 

今現在そうなれていないから、それでなるのか信じがたい。

 

 

だからこそ、すぐ苦痛がくるとやっぱいいやと逃れてしまう。

 

 

その先にある光を信じずに断念してしまう。

 

 

だから何も変わらない。

 

 

逆にそれがあると信じている人知っている人は、苦痛が来ることも知っている。

 

 

だからこそ必死に乗り越えようとするし、乗り越える。

 

 

だからなりたい自分になることができる!

 

 

きれいごとではなく真実だ。

 

 

動かない自分に現状を変える魔法でもあれば教えてほしい。

 

 

きっと世界を変えられる。

 

 

ただ不可能だろう。

 

 

だからこそ、楽な道を選んでしまう自分に、乗り越えることもしてほしい。

 

 

なりたい自分になれるか、そうでないか、その差は楽な道を選んでしまうか越え続けられるか、これだ!

 

 

人に答えを求めてしまう、これもある意味楽な道なのかもしれない。

 

 

本来自分で導き出す答えを他人に任せてしまうのだから。

 

 

でも他人になんかわかるはずなどない。

 

 

他人から得た答えなど、その人にとっての答えで自分の答えではない。

 

 

その人なりの視点になってしまう時点でもう自分とは違う。

 

 

自分は自分しか理解してもらえない。

 

 

だからこそ、自分のことは自分が一番詳しくあり、自分が一番問題を解決してあげなくてはいけない。

 

 

アドバイスをもらうな!そういっているのではない。

 

 

最終的に判断するのは全て自分、その際にあいつがこう言っているからこれでいいや!こんな考えで他人の考えを採用するのはやめた方がいい、そう言っている。

 

 

他人に自分の行先を訪ねることは簡単だが、それにとらわれすぎるのはかえって危険だ。

 

 

己と本気で向き合って、自ら解決策を導くことが自分にとって大切だ、それを伝えられれば...

 

 

これを読んで最後にもう一度、、、

 

 

あなたは苦痛があったとき、楽な道に逃げますか?それともそれを乗り越えれますか?

 

おすすめの記事