エックスサーバーの簡単クイック登録申し込み方法教えます!

エックスサーバーのクイック利用方法

エックスサーバーのクイックサービス利用方法をお伝えいたします。

 

手順①:エックスサーバーTOPページにて「お申し込み」作業をする

エックスサーバートップページ「申し込みボタン」

アクセスして開いたページの「お申し込みはこちら」のボタンをクリック。

 

初めてご利用のお客様 クリック

左の新規サーバー申し込み「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンをクリック。

 

手順②:申し込み内容選択で「プランの選択」をする

手順②:申し込み内容選択ページにて「プランの選択」

申し込み内容選択ページが表示されたら、サーバーIDやプランを決めましょう!

画像の①と②部分の内容は変更できる

【サーバーID①】

①のサーバーIDは初期設定で「XS○○○○○」と自動で割り振られ、IDをそのまま使用する事ができます。

このサーバーIDはブログのドメインとは別なので、表に出るものではなく、あまり関係ないと思ってもらって大丈夫です。

このままOKしても良いですし、自分でサーバーIDを考えたければ「自分で決める」をクリックして、サーバーIDを入力しましょう。

【プラン②】

②のプランですが、まずは「X10」プランで申込んでおきましょう!

一番下位のプランではあるのですが、サーバーのスペックは申し分なく、月間100PVにも耐えられるほどです。

それ以上のレベルに達した時に、上位プランに変更することも可能ですので、最初は「X10」を選ぶのがおすすめです。

 

 

この画面からWordPressのクイックスタートを利用して、申し込みと同時にWordPressをインストールできますが、今回は利用しない方法で解説します。

エックスサーバーの料金支払い

ここまでの手順でエックスサーバーの申込みまでが完了しましたが、現段階では仮申込み状態です。

無料期間は10日間あるので、その間にエックスサーバーの使用感を確認して、納得いけば早めに料金の支払いをしておくといいですね。

 

エックスサーバー申し込み後の確認

  • サーバーパネルの使い心地
  • WordPressの設置しやすさ、表示速度
  • 利用予定プログラムの動作確認

 

10日間は無料期間ですが、支払いを忘れていて10日間過ぎてしまったら、それまでの作業が水の泡になります。
苦労してWordPressブログを用意したのに、気づいてたら消えているとか最悪ですよね。

 

手順①:エックスサーバー管理画面にアクセス

料金の支払いはエックスサーバーの管理画面から行えます。

» エックスサーバーの管理画面にアクセス

 

エックスサーバーログイン画面

上記画像の①「XserverアカウントID」と、②「Xserverアカウントパスワード」を入力して、③のログインボタンを押しましょう。

 

"「XserverアカウントID」と「Xserverアカウントパスワード」の場所

XserverアカウントID」と「Xserverアカウントパスワード」は、メールの下記の部分に表記されているので確認してみてください。

 

手順②:管理画面のメニュー「料金のお支払い」ページで支払いを完了させる

手順②:管理画面のメニュー「料金のお支払い」ページで支払いを完了させる

エックスサーバー管理画面のログインに成功すると、上記の画面になります。

現状では契約が「試用」となっており、利用期限が無料期間の期限となっているのが分かりますね。

料金の支払いをするには、上部メニューの赤枠で囲った「料金支払い」をクリックしましょう。

 

 

 

支払い方法を選択

支払い方法の選択画面

お支払い方法の選択画面になるので、①「支払い方法を選択」してから、②ボタンをクリックで決済を完了させましょう。

支払い方法は5種類

  • クレジットカード
  • 翌月後払い(コンビニ/銀行)
  • コンビニエンスストア
  • 銀行振込
  • ペイジー

 

以上でサーバー料金のお支払いは終了となります。

※「自動更新設定」の項目は、更新忘れをしないようにチェックを入れておくのがいいですね。

 

>>エックスサーバーの申し込みはこちらから

おすすめの記事